見学できる灯台・灯台資料展示室

潮岬灯台 和歌山県東牟婁郡串本町

潮岬灯台の概要

photo位   置  北緯 33度26分15秒
       東経 135度45分16秒

塗色・構造  白色塔形(石造)

等級・灯質  無等(120cm投光器)
         単閃白光 毎15秒に1閃光
光   度  97万カンデラ
光達距離   19.0海里(約35km)
明   弧  278度から130度まで
高   さ 
   地上から灯塔の頂部まで 22.51m
   平均水面上から灯火まで 49.47m
付帯業務   船舶気象通報

●潮岬灯台

photo 紀伊半島南端で、本州最南端に位置する潮岬は、断崖の高さ、50メートル、太平洋に突き出た岬です。 潮岬を形づくる「陸繋島」が細くびれて、串本町とつながっております。
 潮岬灯台は、第一等反射器18個、光源石油灯の不動白光、光達距離19海里の本灯を明治6年9月15日に正式点灯されましたが、 この時の灯塔は、八角形の木造で、我が国最初の洋式木造灯台とされています。その3年前の明治3年6月10日に仮点灯しています。 明治11年に石造りに改造され、大正4年第二等フレネル不動レンズに交換、石油蒸発白熱灯の灯器に改められ昭和3年に電化され、 昭和32年に90センチの回転式に変更され、今日に至っております。 この時交換した第二等フレネル不動レンズは、本灯台の資料室に保存展示してあります。
 灯台の灯火中心が、平均水面上49メートル、地上20メートルの灯塔(建造物の高さ23メートル)に昇れば、眼前はまさに、 果てしのない海のうねりが広がり、水平線は遠く、丸みを帯び、空と一体になっています。潮流は、まるで墨でも流したように、 濃紺が入り混じって流れ、灯台付近の豪壮な断崖美と対照的に、岬の先端近くに広がる広大な芝生の草原は、 かって海軍の望楼が設置されていたことから、望楼の芝と呼ばれる一帯で、壮麗な熊野灘の落日は、印象的。 岬の反対側の小高い出雲埼からの展望は360度に広がり、観光客も大勢訪れます。
 光源はハロゲン電球を使用し、光度97万力ンデラ、光達距離19海里となっております。

展示室

●灯台へのアクセス

 航空機
  南紀白浜空港⇒バス27分⇒JR白浜駅

 電車
  JR天王寺駅⇒特急3時間⇒JR串本駅
  JR白浜駅⇒特急50分⇒JR串本駅

 バス
  串本駅⇒10分⇒灯台

 フェリー
  東京⇒勝浦⇒串本港

map