日本の歴史的灯台

釣島灯台
釣島灯台
所在地 愛媛県松山市
点灯年月日 明治6年6月15日
塗色 白色
構造 円形・石造
光り方 単閃赤白互光
毎16秒に赤1閃光 白1閃光
光りの強さ 赤 75,000cd
白 340,000cd
光りが届く距離 20.5海里
構造物の高さ 10.3m
海面から
光りまでの高さ
58.2m
レンズ LB-H 40型
電源 商用電源

灯塔の石材は、御影石で山口県徳山市や広島県倉橋島から船で運び、海岸から工事現場までの山道約300mは地面に板を敷き、丸太とロクロを使用して運んだ。設計者はR・H・ブラントンである。

慶応3年(1867年)4月、幕府と英国公使は兵庫開港(同年12月)に備えて大阪約定(大阪条約)を結んだ。この時の5灯台のひとつ。工事に携わったブラントン、マクビン等は日本食をとらないので、肉類など食糧いっさいは神戸から三津浜(松山)経由で送られ、三津浜からは発動機船のない時代のことであり、二丁櫓の伝馬船で運搬していた。荒天のため食糧が欠乏しても、次の便が来るまで島の果物だけを食べていたというエピソードも残っている。

 

 

TOP