日本の歴史的灯台

尻屋埼灯台
尻屋埼灯台
所在地 青森県下北郡東通村
点灯年月日 明治9年10月20日
塗色 白色
構造 円形・レンガ造
光り方 単閃白光 毎10秒に1閃光
光りの強さ 530,000cd
光りが届く距離 18.5海里
構造物の高さ 32.82m
海面から
光りまでの高さ
45.7m
レンズ 第2等レンズ
水銀槽式回転機械
電源 商用電源

灯塔は、レンガ造である。設計者は、R・H・ブラントンである。
尻屋埼灯台は、霧信号発祥の地であり、明治10年11月、灯ろう外縁に吊るされた霧鐘が我が国最初の霧信号となっている。
また、電気灯台発祥の地でもあり、明治34年12月、本灯台でアーク灯を点じたのが灯台電化の始まりとなっている。この光学装置は、フランスのエクミール灯台をモデルとしたもので、アラード式電気弧光灯といった。この改良により光度は3万6千燭光から一躍千3百万燭光となり、その明るさは「海の太陽」と航海者から讃えられるほどであった。
しかしながら、設備費が嵩み、取り扱いがわずらわしいところから、神島灯台(三重県)の副灯に国産品が用いられただけでアーク灯は姿を消した。

昭和58年度耐震補強に合わせた保全が実施された。

 

 

TOP